懐かしの鳴滝

先日の日曜日、夫と新大工のお店で夕食。
夫との待ち合わせ時間まで間があったので、ずっと行ってみたかった場所までお散歩。

新中川町から坂を上り目指したのは学生時代に過ごした懐かしい場所、鳴滝。
その昔訪れたシーボルト邸跡はうっそうと草が茂った少し寂しい印象でした。
学生時代から1/4世紀をはるかに超えた今なのに、タイムスリップしたのかと思うほどその時のイメージのまま。 
しかも時間外で施錠されている…ますますサビシイ。
c0206208_16555041.jpg

せっかくなので門の格子の隙間から撮影。
施錠された門にへばりついて撮影している私は怪しい人影だったことでしょう…
c0206208_16593642.jpg
c0206208_16594926.jpg

隣のシーボルト記念館も残念ながら17時で閉館されていました。
c0206208_172334.jpg


1年間だけ住んでいた寮のあった場所にも行ってみました。
三帖一間の六人部屋。(他のスペースはフローリングならぬ板張り)
なだらかな傾斜の机に、ときおり天井からシロアリが落ちてくる作り付けの二段ベッド。
冬は火鉢で暖をとっていた(途中からやっと電気コタツ導入)懐かしの寮。
今は改装され別の施設として利用されています。
c0206208_1743021.jpg

川沿いのこの坂道を19歳の私はどんなことを思いながら通学していたのか
なぜか思い出せないんですよねー
c0206208_17355272.jpgc0206208_1736385.jpg
さすが、坂の街長崎。散歩途中にたくさんの地域ネコに遭遇!
c0206208_1739337.jpg


夕食の場所は「むつ五郎」
長崎県産の新鮮な食材を使ったお料理はいつ行っても美味しい☆
カウンターの向こうのいけすを眺めながら…
c0206208_17512392.jpg

お決まりの烏賊の活造り。透き通ったお刺身を堪能した後は天ぷらでいただきました。
c0206208_17444432.jpg
c0206208_17535553.jpgc0206208_17451156.jpg
サラダ、ぬか漬け盛り合わせ、唐揚げにすり身揚げ、甘鯛の焼き物をいただいて…
c0206208_1746242.jpgc0206208_17461686.jpg
最後は対馬産穴子の押し寿司。
たくさん食べて 、飲んで、歩いた一日でした。
c0206208_17463151.jpg

[PR]
by fumika372 | 2014-05-14 17:37 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by KAYOKO at 2014-05-14 20:46 x
姉もその寮で一年過ごしましたよ~。
奇遇(!??)ですね~。

この3月に、新大工からそちら方面を歩いたのですが、
町並みに風情があって、良いなぁと思いました。
こんなとこで暮らすのもいいな~♪と。

それにしても、美味しいものを、おふたりで楽しめるなんて、
羨ましいな☆
また、いろんな場所を教えてくださいね♪
Commented by fumika372 at 2014-05-16 17:04
KAYOKOさんのお姉さんも同じ環境で過ごされていたのですね-!
本当に奇遇です☆
長崎らしい風情のある町並みは昔と変わらず、ゆったりとした気持ちでの散策タイムでした。
食べ物も美味しいし、長崎の良さを改めて実感したひとときでしたよ。
<< 教室メニュー 連休の終わりに >>